×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


フィジカルハイダー

犬丸芝居小屋第8作目「フィジカルハイダー」出来上がりましたよ!!!
子どもの遊びシリーズ「かくれんぼ」をテーマに、丸井の大好きな気持ち悪いワンダーランドでお送りしています。
以前、梅きっちゃんと、同じ曲調で違う歌詞・音で2曲つくってみたいね!!という話になりまして、それを実現させた形となっております。
この曲の担当は、白髪眼帯お兄ちゃんキャラデザ、色塗り→犬丸、その他→丸井となっています!!!
前回のKDCLで色塗りに懲りた丸井は、「ちょいとそこの梅吉や、塗ってくれんか」と頼むのでありました・・・

丸井は兄妹ネタよく出すのですが、今回は兄弟ネタでお送りしています。
いじめられていた弟と、双子の兄のおはなしです。
ある日弟は不良に屋上に呼び出されます。
それを知った黒髪兄は金属バット片手にその現場に乗り込みます。
後から弟が呼び出されたことを知った白髪兄が現場に向かおうとしているところで、乱闘に巻き込まれた弟が落下してきます。
それをキャッチしようとした白髪兄が反動でケガをして2人病院に運び込まれたところでおはなしがスタートします。
こっちの曲は、黒髪お兄ちゃんがメインになっております。
それでは歌詞いきますね!!!(*^▽^*)


「目を開けてよ」
半色(はしたいろ)した眼が見えなくて、白い部屋突っ立ってた ←半色は弟の目の色です。
「目を開けてよ」
常を異にし、心底読めぬ彼が言葉を発した気がした ←普段何考えているかわからない白髪兄のことを言っています。
「助けたいですか」
清潔そうな白衣纏ったおっさん注射器持った
「みつけてきてくださいね」 ←超時空スーパー博士で、弟の意識内に潜入して連れ戻して来いと言われます。
痛みなかった、菜の花色の、目と目があった、気を失った ←菜の花色は白髪兄の目の色です。

もーいーかい、(いいかい)、さあ、もういいかい
ずっと沈んでいく感覚
時計を持った兎は言った
「時は金では買えません」
もーいーよ、(いいよ)、そう、もういいよ
ずっとひとりぼっちで待たせた
「許せ」なんてのは言わない

「どこにいるんだ」
鏡があった、今様色の眼がふたつこっち見てた
「どこにいるんだ」
扉があった、幾つもあった、鍵はバラバラ床に散らかった
「まともじゃないな」 ←たくさんある鍵をたくさんある扉にいちいち合わせるのがまともじゃないと言ってる兄さん
扉の先で黒衣纏った影法師取り囲んだ
「まともじゃないなあ、俺も」 ←鍵あわせるのめんどくさいし、黒影法師と一緒に物理的に壊しちゃおうという考えに至った自分をまともじゃないと言っている兄さん
妙に笑えた、金属バット、振りかざした、朱に染まった

もーいーかい、(いいかい)、さあ、もういいかい
ずっと歪んでいく色覚
茶を注いだ帽子屋言った
「時は待ってはくれません」
もーいーよ、(いいよ)、そう、もういいよ
ずっとひとりぼっちで待たせた
「ごめん」なんてのも言わない

もーいーかい、(いいかい)、さあ、もういいかい
「ずっとひとりきりで生きてく」 ←いじめられていることを知られたくなく、かつ兄にも迷惑をかけたくない弟から発せられた言葉
そう呟いた君の本音はもっと前から知ってる ←しかしその言葉は本音ではないと気付いている兄さん
もーいーよ、(いいよ)、そう、もういいよ
繕ってることも知ってるよ
中身のままでいーんだよ

もーいーかい、(いいかい)、さあ、もういいかい
真っ赤に塗ってきた道順
にやり笑ったチェシャ猫言った
「命はふたつありません」
もーいーよ、(いいよ)、そう、もういいよ
ずっとひとりぼっちで待たせた
「許せ」なんてのは言わないあたりがホント狂ってる

もーいーかい、(いいかい)、さあ、もういいかい
行き止まりで床の鍵蹴った
心を模した女王は言った
「理解せねば伝わりません」
もーいーよ、(いいよ)、そう、もういいよ
真っ赤な足で蹴破った ←やっぱり物理で解決しようとする兄さん
半色の目が在った
「さあ、日が暮れる前に帰ろ」


すべて物理で解決しようとするおっかない兄さんになってしまいました。
梅きっちゃんが作ってくれた白髪兄さんメインの「ロジカルシーカー」がA面とすればこちらはB面ですかな!
一生守ってあげるから隠しちゃおうという考えの兄さんなので「ハイダー」になっています。
キャラデザ、最近丸井がカードバトルする女の子アニメを見ていまして、若干その影響を受けてます!!!



戻る